1. TOP
  2. 節税
  3. 道を踏み外した節税は危険!節税の本質はここにあり。

道を踏み外した節税は危険!節税の本質はここにあり。

 2020/01/27 節税  

節税の落とし穴にハマらないために、絶対に知っておかなければいけないこと

↓↓↓YouTubeで公開しています↓↓↓

「脱税」や「無申告」を繰り返す人々

合法的な節税ではなく、「見つからなければいいじゃん」と言って、不正行為を働いたり、申告しない人がたくさんいます。

例えば、暗号資産(仮想通貨)では、海外の取引所で取引していて、国税庁が把握しにくいことをいいことに申告していない人がたくさんいます。

また、取引先と共謀して、取引金額を水増しして裏からお金をバックしたり、実際にはない架空取引を使って、不正行為をやっている人もいます。

そこまでの不正行為に手を染めなくても、グレーゾーンをガンガン攻めて、常識外れの節税をやる人もいます。
 
 

節税の落とし穴にハマる人々

そういう人たちは、道を外れてどんどん危険な方向に進んでいきます。

そして、いつしか身動きできないような落とし穴にはまり、地獄を見ることになります。
 
 

そもそも何のために節税をするのか?

そもそも節税は「私腹を肥やすため」ではなかったはずです。

会社の経営を軌道に乗せたかったり、資金繰りのためだったり、新たな成長や投資のためにキャッシュが必要だったからのはずです。

ですので、脱税や不正行為には手を出してはいけません。

査察調査や税務調査を受けたら、それまでの会社の信用や懐を吹っ飛ばすほどの衝撃が来るからです。
 
 

「あなたの会社」は社会の一部です。

私たち個人も、会社も、大きな社会の一部であり、決して切り離すことはできます。

すべてつながっています。

「あなたの会社」が自分の都合だけで脱税をしたり、不正行為をしたり、グレーな節税を攻めすぎたりすると、それは社会全体に悪影響を及ぼします。

そして、その悪影響は、必ず「あなたの会社」に戻ってきます。

だからこそ、節税の本質を見失ってはいけないのです。
 
 

では、どの程度「節税」すればいいのか?

「節税しない」という選択肢もあるかもしれませんが、あまりにも無防備だし、今の社会をわかっていません。

複雑怪奇な今の日本社会を生き抜くには、税金の知識、「節税」の理解は必須です。

そして、動画で解説している「節税の本質」をしっかりと理解した上で節税しましょう。
 
 

「節税の本質」の本当の意味

「節税の本質はコミュニケーション」だと何度も言っていますが、この本当の意味を理解してください。

表面的な「交渉術」ではありません。人間関係でもありません。

「節税の本質」を理解することは、「人間」を理解することであり、「社会」を理解することです。

この本当の意味がわかれば、節税だけではなく、経営全体に必ずプラスに働くはずです。
 
 

なぜ、私は「節税はコミュニケーション」と言い続けるのか?

↓↓↓こちらの動画もぜひご覧ください。↓↓↓

\ SNSでシェアしよう! /

元国税【税金坊】ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

元国税【税金坊】ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 『節税の本質』を理解すれば、キャッシュが増える!ビジネスも『人生』もうまくいく!