1. TOP
  2. 『税務署のホンネ』リアルセミナー前編

『税務署のホンネ』リアルセミナー前編

『税務署のホンネ』リアルセミナー前編(設定で速度を変えて2倍速まで早くすることができます。スマホでも2倍速での視聴が可能です。)

 

音声のみはこちら

 

音声のダウンロードはこちら(右クリックで保存を選択)
『税務署のホンネ』リアルセミナー前編音声ダウンロード用リンク

 

スライド(PDF)はこちら
『税務署のホンネ』リアルセミナースライドPDF

 

【前編な内容】

  1. はじめに
    ・国税調査官のホンネとは?
    ・強力な権限、質問検査権のホンネ
  2. 最近の税務調査の傾向
    ・若返った国税調査官
    ・調査能力の低下と手続きの煩雑化
    ・ベテラン調査官が少なくなったことで争いが増えた
    ・交渉力が低下した国税調査官への対応の仕方
    ・国税局は何の調査を重点化しているのか?
    ・どんどん進む課税強化の流れ
  3. 節税と脱税の境界線は?
    ・「申告もれ」「所得隠し」「脱税」の違い
    ・ペナルティの違いは?
    ・重加算税35%が賦課される条件
    ・仮装隠蔽とは?
    ・塵も積もれば山となる延滞税の恐怖
  4. マルサと税務調査の違いは?
    ・税務調査と査察(マルサ)の違い
    ・行為は同じでも結果はえらい違う
    ・どういうときに世間に公表されるのか?
    ・マルサが来る要件とは?
    ・マルサが来る金額とは?
    ・チョー面倒くさい査察への対応
  5. なぜ金額だけの違いで?〜税務行政の考え方
    ・一罰百戒の思想
    ・「目立つ奴を叩け!」の正当化
    ・どんな業界が狙われるのか?
    ・法律には書いていない税務行政の実態
  6. 境界線を決めるのは誰?
    ・税務調査に納税者が納得できないとどうなるのか?
    ・「更正処分」に対する国税調査官のホンネ
    ・税務署、国税調査官の心理を読め!
  7. 税務署の情報収集力
    ・どこからどうやって情報を集めているのか?
    ・銀行取引がどこまで税務署にバレるのか?
    ・本当は法律違反をしている国税調査官たち
    ・どういう銀行取引が税務署の目にとまるのか?
    ・丸裸にされる親族関係
    ・外国政府との情報交換とは?
    ・海外銀行口座はどの程度国税局にバレているのか?
    ・税務署へのタレコミの実態
    ・国税調査官の張り込みの実態
    ・国税調査官の内偵(スパイ)に入る場合とは?
  8. 調査先はどう選んでいるのか?
    ・「性悪説」の洗脳を受ける新卒者
    ・サラリーマン化する国税調査官
    ・民間企業の営業マンに近い国税調査官
    ・有能な国税調査官ほど早く辞める?
    ・大原則は「〇〇」がたくさんありそうなところを選ぶ!
    ・副業の場合、売上が〇〇万円以下ならほぼスルー
    ・コスト度外視で調査する「企画モノ」
    ・税務調査が危険な季節とは?
    ・出世欲が強い国税調査官は、いつ本気でがんばるのか?
  9. 調査選定の事例
    ・決算書のどんな数字を見て選定しているのか?
    ・危険な「代表者借入金」の増加
    ・除外した売上を表に出す方法
    ・「事業概況説明書」から読み取れること
    ・決算月に増えると危険な勘定科目とは?
mautic is open source marketing automation