1. TOP
  2. どんな人が税金をむしり取られるのか?

どんな人が税金をむしり取られるのか?

税務調査 この記事は約 2 分で読めます。

同じように税務署が調査をしても、余計に税金を取られる人と、ほとんど取られない人がいます。

実は、「余計に税金をむしり取られる人」のタイプがあるんです。

税務調査は、当然、帳簿とか書類とかの客観的証拠に基づいて行います。

しかし、当然ですがそこには法律上のグレーゾーンがあるわけです。

すると、税務調査の最後に、追徴の税金を決める「交渉」が税務署と納税者との間で行われるのですが、その際、税務署は、グレーゾーンをすべてクロにした目一杯の金額を主張してきます。

なぜなら、税務署は、「交渉」の中でどうせ金額が下がると思っているので、最初は、MAX目一杯の金額を納税者に叩きつけるのです!

そして、調査を行った国税調査官は、こう思ってます。

「このままの金額を呑んでくれてたら、ラッキー!」

って。

「自分たちの成績も上がるし、ノルマが消化できて後がラクー!」

って。

だからこそ、税務署の当初の主張を丸呑みしてはいけないんです。

少しでも納得がいかないところは、しっかり主張し、反論し、証拠を詰め、「交渉」してください。

この「交渉」ができず、税理士も頼りないと、、、

余計な税金をむしり取られます!!

 

今だけ、期間限定で、元国税調査官が税務調査の秘密を暴露しています。

秘密を知りたい方はこちらをクリックしてください。

税務調査の秘密を手に入れる!

\ SNSでシェアしよう! /

Institute of Tax and Moneyの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Institute of Tax and Moneyの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 税務署にノルマはあるのか?

  • 税務署的にはどんな領収書が危ないのか?

  • どんな人が税金をむしり取られるのか?

関連記事

  • 税務署にノルマはあるのか?

mautic is open source marketing automation